今後の展望と課題

最初のページで記述したように、現代におけるサービスの発展においては、『量』と『質』のどちらかではなく、どちらもより良いものとするべく工夫、改善を行っていく必要があります。

現代ではさまざまなサービスと、それに伴う競争が急激に上昇しています。多くの人がさまざまな分野でのサービスを望んでいる一方、それを利用する私たちの側が、それらのサービスにある種の「飽和」を見てしまっています。
いわゆる『飽き』がくるのは仕方がないことかもしれません。

しかし、それだと長期的な顧客は望めません。そのためにも、常に新しいものを取り入れていく姿勢が必要になりますが、それと同じぐらい、いえ、それ以上に大切なのが、『当たり前のことをきちんと行っていく』ということです。
これが、今回取り上げた入力フォーム改善も含まれることです。

利用者にとって、「当たり前」と思えること、ここまでは行えて当然、と思われるようなことは、ないがしろにしてはいけません。むしろそういった部分を、もっとよいものとしていくことによって、より多くの長期的な利用者を獲得できる、と言えます。
ある意味で、私たち利用者の頭が良くなっています。ですから、これからの展開が楽しみですね。

何が得られるか

入力フォームを改善させることには、多くのメリットがありますが、それは単にたくさんの利用者を得ようということだけでなく、より将来的な、継続的な利用者を獲得できる、というメリットがあります。

現在ではさまざまな企業からさまざまなサービスが提供されていますが、それらは私たちのイメージが先行している部分もあることは否めません。
利用者側としては、よりよいサービスを利用したいと思っていますが、それが単に一時的な利用にとどまるか、それとも長期的な顧客となるか、という点は、やはりマーケティング方法や運営の方法にかかっているといっても過言ではありません。それを考えると、サービスを利用する側である私たちはより、慎重にならざるを得ません。

その点を考えると、利用登録などの『玄関口』である入力フォーム改善という方法は、よりよい方法である、と言えます。実際に、このEFOを導入した企業の多くが、入力途中での離脱率における、大幅な改善という成果を上げています。
確かに、入力フォーム改善を行うことの大切さが分かるのではないでしょうか。
こういったサービスは、企業やそれらが提供するサービスをよりよいものとする上で良いものとなります。